苔とメダカ

ボトリウム。睡蓮鉢と火鉢のビオトープ。メダカと苔と水草。

火鉢

葉月、苔とメダカ。

随分と更新していませんでした。 良くも悪くも仕事に集中しなければならず、苔とメダカ達の世話だけで趣味に手がつきませんでした。

メダカが好む産卵場所。

メダカブームと言われていますが、その辺の野生メダカを飼育しているだけでは流行りに乗り遅れている気がします。 私はクロメダカを飼育しており、4月中頃から火鉢のメスが抱卵するようになりました。

卯月のビオトープ。

春なのに風が冷たい卯月の始まり。 花粉はスギからヒノキに変わり、改めて苦しめられています。 憲法改正するよりも先に、スギとヒノキをなんとかしてほしいと思うほどです。

初冬、ビオトープの様子。

もう初冬とは言えなくなりそうで、本格的な冬になる前に記録しておきます。

睡蓮鉢と火鉢のビオトープ。

新しい季節は、いつだって雨が連れてくる。 恩田陸『ユージニア』

火鉢ビオトープの生物。

火鉢ビオトープには、野生メダカと野生ヌマエビが住んでいます。 捕獲した生息地は同じです。

苔とメダカを眺めると満たされる理由。

ふと、気付きました。 私は、苔とメダカを眺めているだけで満たされた気分になっています。 どんな心理が働いているのでしょうか。 考えてみました。

ヒメダカと野生メダカの違い。

9月からメダカを飼い始めた私。 メダカを飼っていらっしゃる方からは時期が遅いと言われそうな気がします

ビオトープのミナミヌマエビとメダカは共存できるのか。

今回、スジエビとミナミヌマエビを見分ける方法を調べました。 先ずは事の経緯から。

ミナミヌマエビは藍藻を食べるのか。

前回、野生のエビを50匹程獲ってきました。 火鉢はエビの楽園と化しました。 そもそもこの火鉢の呪いを解くために迎え入れました。 これは私の予想ですが、 火鉢をリセットする羽目になった原因は、藍藻と呼ばれる菌です。

野生のメダカを火鉢のビオトープに。

我が家には火鉢があります。 なかなか大きいサイズの火鉢です。 恐らく、呪われています。 詳細は前回記事をご覧下さい↓ 火鉢を火鉢として使えば良いものを、どうしてもビオトープにしたい私は努力せずに挑戦します。 手始めに大根川から拾ってきたオオカナ…

うちの火鉢は危険?

前回、メダカがどんどん亡くなっていく火鉢をリセットしました。 熱湯処理の賜物でしょうか。生臭さと内側の緑色は無くなり、しばらく天日干ししました。 灰の影響でアルカリ性に傾き過ぎたという予測は当たっているのでしょうか。再度、赤玉土と水を入れ、…

火鉢にマツモは向かないか。

火鉢に放り込んでいたマツモが変色していた。 茎と新芽が赤茶色になっている。 (水草) 国産 無農薬マツモ(10本) 本州・四国限定[生体] 出版社/メーカー: charm(チャーム) メディア: その他 この商品を含むブログを見る 火鉢だし、ウォーターコインに覆われる…