苔とメダカ

ボトリウム。睡蓮鉢と火鉢のビオトープ。メダカと苔と水草。

水無月、睡蓮鉢のビオトープ - メダカの稚魚

暑い暑い暑い。
自分の生まれ月なら誰よりも快適に過ごしてみせたいところですが、梅雨入り前から連呼しています。


メダカは毎日産卵

産卵シーズンを迎え、毎朝抱卵しています。
親メダカが生まれた稚魚を食べることがあるため稚魚を隔離することもありますが、私はそのままにしています。

睡蓮鉢の様子



稚魚たちはミズゴケの浅瀬に身を潜めています。

ビオトープの管理は水を足すだけですが、水の透明度が落ちることはありません。
植物や土に住むバクテリアが機能していることが分かります。
苔はゆっくり成長しながら深い緑を維持しています。

稚魚たちは親に食べられず成長できるのか。
観察を続けます。

前回